Ropenの野球話

このブログは高校野球/プロ野球/メジャーリーグなど野球全般のお話をさせて頂く中で読者の方と共に野球を楽しんでいけたらと考えています。コメントには必ず返信させて頂きます。更新頻度(0:00/6:00/12:00/18:00)の中からランダムに1日1回は更新します。よろしくお願いします。

【近畿大会】シミュレーション③(10/24)

こんにちは。

 

ropen1205.hatenablog.com

上の記事の続きです。

 

長田(兵庫3位)●0-8〇大阪桐蔭(大阪1位)

長田の1年生投手松田が接戦に持ち込む投球が出来るかという点が序盤で崩れてしまいコールドゲームに。チーム3安打の内、2本を初回に集中させただけに先制点が取れなかったのは痛かったか。大阪桐蔭のエース松浦は8点の援護と明日の次戦を見据えてか2回30球で継投。その後4投手の完封リレーとなった。打線は4回以降ノーヒットに終わったのがやや気になるところではあるが、投打で多くの選手を起用できたのは収穫。残りの大阪2校が初戦敗退という事もあり現時点でも選抜濃厚な立場ではあるが、昨年決勝で敗れた天理が相手となれば是が非でも勝って決めたいところだ。

 

 乙訓(京都2位)●1-2〇天理(奈良1位)

両エースの投げ合いは1点を争う好試合に。長打2本で先制点を取った天理は達が6回まで無失点とほぼチャンスを作らせず。1点を失った乙訓の北見も6回まで被安打6も無四球で自滅なく最少失点に抑えた。7回に初四球からタイムリーで同点に追いついた乙訓だが、ここから達のギアが上がり8~9回で奪三振5と抑え込まれ、9回の勝ち越し点が響き敗戦。達は投球数104に抑えながらも奪三振13/四球1と完璧な内容。明日の連投に大きな支障は無さそうだ。智辯学園が選抜を確定させた事で、明日の敗戦は選抜絶望とまではいかないものの厳しくなったため内容も問われる一戦となる。

 

龍谷大平安(京都1位)●3-8〇智辯学園(奈良2位)

智辯学園が選抜1番乗りを決めた試合は中盤までは接戦に。終盤は両チームの色が悲喜を生んだ。これまで継投で勝ち上がってきた龍谷大平安が、同点の7回のピンチににエースの石田→林に交代したもののこれが裏目。この回に勝ち越しを許すと次のイニングも痛恨の5失点。一方、智辯学園のエース西村は初回以降1イニングに複数安打を許さず、粘りのピッチングで逆転を呼び込む投球を見せた。また強打の色も薄れることなく、初戦の9得点に続き8得点と好調。準決勝以降は西村以外の投手を投げさせ、選抜に向けて投手起用の幅を広げることがテーマとなるか。

 

※暫定的な序列

赤色…選抜確定

青色…選抜絶望(21世紀枠を除く)

緑色…次敗れても可能性大

紫色…次敗れると厳しい

水色…現時点では半々

 

智辯学園(奈良2位)

 

大阪桐蔭(大阪1位)

神戸国際大附(兵庫1位)

市和歌山(和歌山1位)

天理(奈良1位)

智辯和歌山(和歌山3位)

京都国際(京都3位)

 

龍谷大平安(京都1位)

 

 

滋賀学園(滋賀1位)

乙訓(京都2位)

東播磨(兵庫2位)

山田(大阪3位)

近江(滋賀2位)

和歌山東(和歌山2位)

長田(兵庫3位)

東海大仰星(大阪2位)

 

・日曜日の試合の序列影響

※コールド負けを考慮しない

 

①市和歌山(和歌山1位)-智辯和歌山(和歌山3位)

龍谷大平安の敗戦と大阪桐蔭-天理の準々決勝になった事でベスト8に府県1位校が2校or3校となったのは智辯和歌山からすると逆風。県順位/地域性の有利が無いので、点差関係なく負けた場合はほぼ絶望と考えて良い。逆に市和歌山は天理と似た立ち位置(どちらも同県選抜確定1校の1位校)。こちらは点差も重要で、好投手小園の存在を考えるとなるべく失点を減らすことで可能性も上がってくる。但し地域性で優位の大阪桐蔭/神戸国際大附が敗れるとかなり可能性は下がるためこの点も重要。

 

②京都国際(京都3位)-神戸国際大附(兵庫1位)

京都国際の勝敗は龍谷大平安の行方を左右する。勝てば平安落選/負ければ平安当選が濃厚で、京都国際がベスト8で当選する可能性はほぼ無い。神戸国際大附は県順位/地域性から現時点でも最優位な高校。負ける=国際当選=地域性で龍谷大平安を上回る意味合いもあり、点差関係なく選ばれやすい。但し、東播磨が近畿推薦となった場合は地域性の優位が消えるため選抜が微妙なラインまで下がる。この点も踏まえ近畿推薦にも注目したい。

 

大阪桐蔭(大阪1位)-天理(奈良1位)

大阪桐蔭神戸国際大附と同様に、県順位/地域性から現時点でも最優位な高校。山田が近畿推薦となった場合に地域性の優位が消えるため選抜が微妙なラインまで下がるのも同様。コールド負けでなければ当選安泰か。天理は智辯学園が選抜確定した事で市和歌山と似たような状況。京都国際が勝てば可能性が下がり、神戸国際大附が勝てば可能性が上がる。もちろん智辯和歌山が負けると可能性は上がる。地域性の有利が無い為、試合内容も大切だ。

 

・明日の試合結果で5枠/6枠を予想

※コールド負けを考慮しない

 

〇市和歌山/神戸国際大附/大阪桐蔭

→天理/龍谷大平安

 

〇市和歌山/神戸国際大附/天理

大阪桐蔭/龍谷大平安

 

〇市和歌山/京都国際/大阪桐蔭

神戸国際大附/天理

 

〇市和歌山/京都国際/天理

神戸国際大附/大阪桐蔭

 

智辯和歌山/神戸国際大附/大阪桐蔭

→天理/龍谷大平安

 

智辯和歌山/神戸国際大附/天理

大阪桐蔭/龍谷大平安

 

智辯和歌山/京都国際/大阪桐蔭

神戸国際大附/天理

 

智辯和歌山/京都国際/天理

大阪桐蔭/神戸国際大附

 

大体はこんな感じになるかなと思います。地域性重視で予想してますが、地域性がフラットになる校がベスト8に重複してる場合は智辯学園の奮闘/対戦相手などを加味して天理を優先的に入れてます。市和歌山がここに含まれてないのは地域性で龍谷大平安/神戸国際大附/大阪桐蔭より劣る理由から。あくまでも現時点の話なので、智辯和歌山智辯学園を破った場合は天理と評価が逆転する可能性も。